布おもちゃ:マシュリング > ぞう > コラム:「ひも通し遊び」のこと


コラム:「ひも通し遊び」のこと

コラム:「ひも通し遊び」のこと

このページの写真は現在「作り方」のページと合わなくなっています。 「作り方」の更新にはしばらく時間をください。<(_ _)>

  • 耳をフェルト製からニット生地にしました。
  • 目もフェルトで作るようにしてみました。

「ひも通し遊び」のこと

保育園で、2歳前後から取り入れる遊びに「ひも通し」があります。
大きめの木製ビーズや「花はじき」という直径1.3cm位の花型のビーズなどを使って、ひもにいくつも通し、数珠つなぎにして、遊びます。

大人には他愛もない動作ですが、初めて挑戦する小さな子どもにとっては、なかなか難しいものです。
まず、穴にひもを通す。ここまでは、だいたいすぐできます。
それから、ひもが抜けないように支えながら、穴の向こう側で持ち替えて、引っ張る。これが難しい。「持ち替える」ことを理解するのに、1ステップ。(これは、経験と発達の時期によるものなので、すぐわからないからうちの子は頭が悪いなんて、決して思わないように!)いくら、ぎゅうっとひもを通しても持ち替えなければ、手を離した途端、ひもはするっと抜け落ちてしまいます。
また、持ち替える間、片手でビーズとひもを支えていることも、指先の発達が未熟な子どもにとっては至難のわざなのです。
いずれも、大人がやっているのを良く見たり、難しいところをちょっと手伝ってもらったりしながら、できるようになっていきます。そして、できるようになった子どもは、かなりハマります(^^;

そんな「ひも通し」遊びの「はじめの一歩」を、助けたいと思い作ったのが、この「マシュリング」シリーズです。
ニットの弾力により、通した棒から手を離しても、抜け落ちることがありません。子どもは落ち着いて、「ひも通し」遊びの仕組みを理解し、楽しむことができるでしょう。


ゆっこ・とい -PR-

布絵本 手作りキット

布絵本と布おもちゃの手作りキット。赤ちゃんや子どものおもちゃを作ってみませんか。

【ご注意】

作品の内容・作り方は「布おもちゃ&布絵本」の手作りキットのお店【ゆっこ・とい】』のキット内容とは必ずしも同じではありません。